あの瞬間が待っている?給料3か月分ってホントなの?

一世一代の大勝負にどれだけかけるの

これからの人生を共にするのはこの人しかいない、そんな人が見つかったら一番重要なのはプロポーズですね。プロポーズが成功するかしないかで、その後の人生が変わって来るわけですから、これはもう一世一代、伸るか反るかの大勝負です。そんな重要なプロポーズに、サプライズとして指輪を用意する人もいるでしょう。ここで指輪を受け取ってもらえたらプロポーズ成功、この指輪が婚約指輪となります。さて、この大事なポイントになる婚約指輪ですが、一体どれくらいのお値段がするものでしょうか。世間一般で言われているのは、「給料3か月分」というものですが、3ヶ月分というのは誰にとってもかなりの金額になりますし、そもそもの給料が人によってかなりの差があって基準があいまいです。確かに人生を左右する重要なポイントとなる時に必要なアイテムではありますが、そこまでかける必要があるのでしょうか。

俗説に惑わされず必要と思った金額で

結論から言うと、婚約指輪にはかなりの金額が必要なのは確かです。婚約指輪は結婚指輪と比べると全体的に華やかで豪華です。宝石がしっかりと映える大粒のものを使うことが多いですし、リングの装飾も凝った物が好まれます。そのため、お値段も100万円クラスになるものも珍しくありません。しかし、給料3か月分という俗説にこだわる必要はありません。これからの二人の人生設計にとって必要なものが他にあれば、もっと安い婚約指輪であっても彼女はきっと納得してくれるはずです。逆に一生の思い出にしてもらいたいと考えるなら、もっと高価なものにしてもいいでしょう。婚約指輪は一生に一度のものなので彼女に感動してもらえることが一番大事です。どれだけ彼女を愛しているのかを伝えるのは、値段だけではありません。

結婚予定のカップルが話し合って、ゴージャスな商品を取り揃えている店舗を訪れるのが、婚約指輪を大阪で買う場合に見られる一般的な傾向です